学校がすべきサポート

学校の進路選択では就職も

学校の進路相談で就職を選択する

学生の進路選びの過程で就職を選ぶこともあると思います。その際学校は全力で学生をバックアップすべきと思います。進学することだけが取りざたされていますが、就職をすることも学生にとっては大きな決断です。学校は希望する学生に対して、企業面接の受け答えの仕方や一般教養を放課後や昼休みなどに指導して学生の夢が実現できるようにバックアップすることが大切です。学生も勉強だけではわからない社会の常識をインプットすることで、面接時や卒業後も社会に溶け込むことが容易になります。双方が全力で取り組むことで良い経験として積み重なっていくのです。

進路を考えて学校を選ぶべき

進学する学校を考える際、そこの進路状況を必ず調べておく必要があります。それが実績であり、授業レベルを知る要素となります。自分が希望するレベルの学力が身に付き、勉強に不自由しないことが必須条件となります。特に知っておくべきことは合格率であり、何人の生徒がどこに合格したのかデータを集めておくと良いでしょう。そのデータの中に自分が希望する学校があれば、授業に期待することができるでしょう。また、進路に関して問い合わせることで直接知ることもできます。自分の将来に関わることなので、適当に決めるのではなく、必要なデータを集めた上で考えなければなりません。

↑PAGE TOP