学校は学生の尊重を

学校の進路指導の良い方法

学校での進路指導方針

学校での進路指導は学生の目線や考え方を最大限尊重した方針を選択しているのか疑問に思います。学校側のメリットばかりを優先して学生と親身になって相談に応じているのでしょうか。絶対合格をさせたい、浪人はさせたくないとの思いも理解はできます。しかし、学生の気持ちをないがしろにして提案をすることに何も意味を持たないのです。では、双方にとってメリットがある方法はないのでしょうか。学生の真のねらいや目的は何かを双方で考えていき、学生の勉強したい分野であればA校ではなくB校なのかもしれません。学生の気持ちを汲み取ることこそ最も重要な進路指導だと思います。

進路を決めるのは最後は自分です

中学でも高校でも、遅くとも3年生になると進路指導の面談があります。ほとんどの場合、先生と生徒と保護者の三者面談の形で行われます。一般的に学校は学力試験の偏差値などから客観的に生徒の学力を示し、合格可能な進路先をいくつかピックアップしてきます。それはひとつの重要な指針になります。しかし、受験というのはあくまでも本人の将来につながる問題なので、志望する学校は最終的には本人の意思で決めることが大切です。偏差値が足りなくて面談では厳しいと言われた志望校でも、最後まで諦めずに本人が頑張った結果、合格したという例はいくらでもあります。

学校の進路への対応の情報

新着情報

↑PAGE TOP